潜在酵素(消化酵素と代謝酵素)と食物酵素の関係とは

潜在酵素とは

潜在酵素とは私たちの体内に存在する消化酵素と代謝酵素のこととなります。

そして、食物酵素とは食物から摂取できる酵素、つまり、私たちが食べる食べ物に含まれている酵素のことです。

酵素はこれまでに発見されているだけで、約3000種類以上もあり、今後も発見されていく可能性があるんです。

酵素は大きく分けて、3つに分類されています。

  1. 消化酵素
  2. 代謝酵素
  3. 食物酵素

の3つです。

どれかが1番重要というわけではなく、全ての酵素が重要なものとなります。

この3つの酵素の関係性といいますかバランスといいますか、要するに私たちの体の健康維持に大きく関わっているわけなんです。

この酵素の関係性/バランスが崩れることで私たちの体にはさまざまな悪影響が及ぼされることとなります。

体内の潜在酵素、消化酵素と代謝酵素とは

体内の潜在酵素は人により個人差はあるんですが、生きていく中、生涯において、予め決まった量の酵素しか作ることができないんですね。

そして、年齢を重ねるごとにどんどんと減少していくこととなります。

年齢を重ねると潜在酵素は減少、だから食物酵素から補う

消化酵素とは

消化酵素とは私たちが食べたものを消化するサポートをしてくれる酵素となるんです。

最も有名な酵素でいうと主に唾液に含まれる、デンプンを分解してブドウ糖に変えるアミラーゼがあります。

ほかにも、胃や膵臓(すいぞう)に含まれ、たんぱく質を分解してアミノ酸に変えるプロテアーゼ、小腸に含まれ、脂肪を分解するリパーゼなどが消化酵素になります。

一口に消化酵素といっても、それぞれに得意/不得意な分野があり、アミラーゼはデンプンを分解するのが得意ですが、たんぱく質は分解することが不得意になるんです。

代謝酵素とは

代謝酵素とは、私たちが活動するエネルギー全てをサポートする酵素となります。
ですから、非常に重要な酵素になることは一目瞭然ですよね。

例えば、

  • 考える(脳を働かす)
  • 動く(筋肉を動かす)
  • 呼吸をする
  • 病気と闘う
  • 睡眠をとる
  • 老廃物の排出

などなど全てにおいてなんです。

私たちにとって代謝酵素とは生きていく上で必要不可欠な酵素となるわけです。

消化酵素と代謝酵素のバランスが重要

3つの酵素のバランス

体内の潜在酵素の消化酵素と代謝酵素にとって重要なことはそのバランスにあるんです。

消化酵素と代謝酵素を潜在酵素と一つにまとめてしまえるところにその秘密は隠れています。

食べ物を食べるときに消化酵素は使われるわけですが、例えばこの時に大量の消化酵素が必要になったとします。

すると、代謝時に使う代謝酵素は減ってしまうのです。

分かりやすく、潜在酵素を100%とすると、消化酵素で70%を使うと代謝酵素は30%しか残らないことになるのです。

しかし、このとき実際には代謝に必要な酵素の量は60%だったとすると、30%の酵素が不足する状態となり、体は十分な代謝を行なえなくなるのです。

それが、

  • めまい/立ちくらみ
  • 疲れやすい/疲れがとれない
  • 肩こり/腰痛
  • 太りやすい/痩せない

などといった症状が体への悪影響として表面化することになるのです。

十分な代謝ができないということは私たちにとって十分な活動エネルギーがなくなるということなんです。

ですから、食物酵素で消化酵素を補って、代謝酵素が不足することのないように、代謝酵素の温存を図るようにしなければならないわけなんですね。

体内の潜在酵素の消化酵素と代謝酵素、そして食品から摂取しなければならない食物酵素の3つの関係性/バランスは私たちが生きていく中でとても重要になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加