年齢を重ねると潜在酵素は減少、だから食物酵素から補う

酵素は年齢により減少

体内にある消化酵素と代謝酵素の2つをまとめて潜在酵素と呼ぶのですが、この潜在酵素は年齢を重ねれば重ねるほどにどんどんと減少していくんです。

酵素とは私たちが食事をしたときに、食べたものの消化/吸収/代謝をサポートする体内にはなくてはならないたんぱく質で高分子物質となります。

体内の酵素量は一般的に20代をピークとなり女性は10代がピークといわれているんですね。

そして、人は30代を境目に急激に体内の酵素は減少傾向にあるんです。

潜在酵素のピークの20代と比較すると、40代では半分、60代では1/3以下になるといわれています。

つまり、私たちは加齢によって、体内の酵素は徐々に減っていくということなんです。

加齢以外にも体内酵素が減少する原因にはさまざまなものがあります。
主に生活習慣(睡眠習慣や食習慣など)によるものがほとんどです。

生活習慣によって酵素が減少しているのであれば生活改善を行なうことで対策が打てるかもしれませんが、加齢により減少していく酵素は外部からの食物酵素で補うほかに対策はありません。

生活習慣による酵素不足の改善も若いうちまでで、最終的には、誰もが通る年齢を重ねること、加齢による酵素不足にたいしての対策を取る必要があるんです。

潜在酵素が減少することで表れる症状

酵素不足で出る症状

体内の酵素が減少することにより、

  • めまい/立ちくらみや吐き気
  • 体が太りやすくなる
  • 花粉症などに対する免疫効果
  • 便秘や下痢/腸内環境の悪化
  • 疲れやすい・疲れがとれない
  • 肌トラブル(荒れ、くすみ、にきび、乾燥など)

などなど、日常生活のあらゆることに障害が発生することになるんですね。
上記のことは体内の潜在酵素が減少していくことによって表れる症状なんです。

心当たりがあれば注意しておいた方がいいですね。

また、酵素不足は人の見た目年齢の違いにも大きく影響してきます。

体内酵素が減少していくことに関して専門家による見解の違いが存在しているんです。

それは、

  1. 体内の潜在酵素が減少していくことにより人は老いていく
  2. 人は老いていくことにより体内の潜在酵素は減少していく

これって似ているようで全然違いますよね?
ですが、酵素と老いが関係していることはどちらの意見/主張でも共通しているんです。

どちらが正解か不正解かというのは未だに明らかにはなっていないみたいなんですが、しかし、だいたいの体の仕組みは長年の研究によるデータから導き出した傾向を見て判断しているので、今日まで正しいとされていたことが明日には間違っていたということは何にしても日常茶飯事なんですよ。

私たちは今日までの体内の酵素は減少していくという事実に着目して対策を取ることが重要なんです。

潜在酵素は予め決められている

人の潜在酵素の量は生涯で増えることはありません。

残念なんですが誰もが同様になんです。

体内の酵素の量は人により個人差はありますが、ひとりひとりの潜在酵素量は予め一定量が決められているのです。

したがって、外部からの酵素、つまり食物酵素からの摂取が必要不可欠となるのです。

加齢による潜在酵素の減少を補う

酵素を食物酵素で補う

ですから私たちは年齢を重ねるごとに酵素の含まれる食べ物を積極的に摂取していく必要があるのです。

年齢を重ねていなくても、普段から酵素を摂取することはもちろん重要となりますよ。

主に酵素が含まれる食べ物には、生野菜や果物、味噌や漬物などとなります。

これらのものを積極的に摂取していく必要があります。

しかし、注意しなければならないことは酵素は熱に非常に弱く、48℃以上の加熱をすることにより食品に含まれる酵素は消滅してしまうということになるんですね。

ほとんどの場合、酵素を意識していない限りは色々な調理法により私たちは十分な酵素を摂取できていないということです。

さらに、私たちは年齢を重ねると食事の量も減ってきますよね?
すると余計に酵素を摂取するのは難しくなるわけなんです。

体に必要なものは酵素だけではありませんしね。
私たちの体内では多くの栄養素、多くの組織の働きが私たちを支えているわけですから。

普通に考えて私たちが普段食べている食品からだけでは十分な酵素量を補うというのは難しいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加