血液をサラサラにするために代謝を促進させる酵素不足を補う

血液サラサラへ

『血液をサラサラにしたい』ということはつまり血行を良くしたいということですね。

現在は血液がドロドロ(血行不良)になっているということでしょうか。

健康診断か何かに引っ掛かったなどの理由があるのでしょうか?

血液の健康は体の健康にとって非常に大切になることですから心配や不安になるというのもよく分かります。

いつまでも健康にいるためには必要不可欠なことですからね!

というのも、私のサイトへ『血液をサラサラにしたいんですが』というフレーズで訪問された方がいらっしゃいました。

血液をサラサラにするための方法

血液をサラサラにするためには、『血行を良くする=血行が悪くなっている理由を考える』必要があります。

詰まるところの血行不良になっている原因を突き止めるわけです。

しかし、そんなことを言ってもなかなか難しいですよね。
血行不良になる主な原因としては、

  • 食習慣(脂質の多いもの、水分不足など)
  • 運動習慣
  • ストレス
  • 不規則な生活リズム
  • 生活習慣(喫煙、飲酒など)

などなど、人によっても理由は異なり多くの原因が考えられます。
心当たりがあるものは見直して改善していくことがおすすめです。

これらに共通していることは代謝不良になるということなんですね。
代謝不良は血行不良を招くんです。

血液をサラサラにするには酵素を摂り入れる

血行不良になっている=代謝不良になっている原因には体内の酵素が不足していることが1つの原因として考えられます。

体内の酵素量が減る理由には、

  1. 年齢(加齢)
  2. 食習慣

など、ほかにもありますが、主な原因としては上記の2つになります。

◆年齢による体内の酵素の不足は20代をピークとして(女性は10代がピーク)30代を境目に急激に減っていきます。

誰にでも同様に起こることですので外部からの酵素を摂取して補う必要があります。

年齢を重ねると潜在酵素は減少、だから食物酵素から補う

◆食習慣による酵素の不足には、近年の日本の食文化の欧米化や西洋化が進んできたことによってジャンクフード、お菓子、肉類、脂っこいモノなどを頻繁に食べる様になりました。

それにより、体内の酵素の消費が昔と比べて激しくなった(脂モノは消化するために多くの酵素を消費することになるんです)ことによって、体が消化/吸収/代謝するための十分な酵素量が足りなくなっている。

潜在酵素(消化酵素と代謝酵素)と食物酵素の関係とは

またさらに酵素を生成するための食品(ビタミン、ミネラル、食物繊維を含むもの)も食べなくなってきているという非常に悪い状態/バランスになっていることが食習慣による酵素不足の原因となっています。

これらを総称して血行不良となっている原因には主に体の代謝不良が挙げられるわけなんです。酵素不足を解消することにより代謝機能の促進が出来るようになるのです。

血液をサラサラにすると得られる相乗効果

つまり酵素を摂取することにより体は消化/吸収/代謝が良くなります

それは血行不良の改善につながり→血液がサラサラになるということなんですね。

またそれが酵素を摂取することによる多くの生活習慣病に効果がある理由にもなります。

生活習慣病の原因は血液ドロドロ

眼精疲労を改善

冷え性が改善

肩こりを解消

ニオイ(口臭や体臭)を改善

など(このほかにも便秘や下痢、むくみ、アンチエイジング効果などもあります)、これらは血行不良が原因の1つと考えられている生活習慣病です。

酵素不足を補うことでこれらの体調不良の改善も見込めるということとなるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加