眼精疲労を改善したいなら酵素不足を補うことも1つの方法

眼精疲労と酵素の関係

眼精疲労とは根本的なところで主に考えられる原因として眼筋の血行不良により起こる症状となります。

『疲れ目』と『眼精疲労』を同じものとして捉えている場合が多いですが、この2つは似て非なるものとなります。

簡単な違いとして、『疲れ目』は一晩寝ることで次の日に持ち越さない、『眼精疲労』は寝る寝ないに関係なく慢性的に引きずるものとなるんですね。

眼精疲労になる原因

眼精疲労になる原因にはさまざまなものが考えられていますが、近年では眼精疲労になる原因としてテレビやパソコン、スマホなどから発するブルーライトが影響していると考えられています。

書籍も紙媒体のものから電子書籍などが増えるなど、今後も眼精疲労になる原因は増える一方です。

それらのディスプレイを直視することで瞬きの回数も減る(乾燥、ドライアイ)など、さらに付随しての悪影響も及ぼしているんですね。

パソコンやスマホなどの閲覧は、出来る限り、就寝する2時間前には控えたいものですが。
現代ではなかなか難しいというのも現実です。

ほかにも、姿勢やストレス、肩こりなどをキッカケとして眼精疲労へ繋がることもあります。

そして、

  • 慢性的な頭痛
  • イライラ(無意味にイラつく)
  • 疲れ(体がだるいなど)

などを併発する恐れがあるんです。

これらの症状を経て、眼精疲労へ、さらに恐いのが発展して、自律神経失調症、白内障や鬱症状となるリスクもあるんですね。

これら全ての症状の根底には血行不良が関わってくるわけなんです。

冒頭に書きました眼筋の血行不良が原因と考えられる眼精疲労ですが、日常生活の姿勢やストレス、肩こりなどが血行不良を招き、眼精疲労になる原因と考えられるわけなんですね。

眼精疲労を改善する方法

ですから、

  • 軽いストレッチや運動不足
  • 入浴(湯船に浸かり、風呂をシャワーのみで済ませない)
  • 食習慣(油物を控える)

などといった生活習慣を考えることで血行不良は少しずつ改善することも考えられます。

まずは日頃の生活習慣を見直すことが重要なんです。

私達に起こる多くの体調不良(病気など)は日々の生活の習慣の積み重ねによって発症しているものですからね。

それらを試した上で眼精疲労の改善がみられない際には体内の酵素不足を疑うことが必要になってきます。

酵素不足が招く血行不良や多くの体調不良へのリスク

酵素は年齢を重ねると加齢により体内の潜在酵素は減少していきます。

年齢を重ねると潜在酵素は減少、だから食物酵素から補う

体は酵素が不足することによって、何の対策も取らなければ、徐々に消化/吸収/代謝機能は低下していくこととなるんですね。

潜在酵素(消化酵素と代謝酵素)と食物酵素の関係とは

これらの機能が低下することは血行不良の原因に繋がることとなります。

つまり、眼精疲労を招くおおもとの原因となっている恐れがあるというわけなんです。

長期間つらい眼精疲労に悩まされているという際には体内の酵素不足を補うという方法を試す価値も十分にありますし、年齢を重ねていれば補うべきものなんです。

さらには眼精疲労のみならず、さまざまな体調不良に悩まされているということがあれば、酵素が不足しているということが考えられます。

酵素不足を補うことによって得られる多くの体調不良の改善をトップページにまとめておりますのでご覧頂ければと思います。

酵素不足が招くさまざまな体調不良は本当に恐ろしいんです。

加齢による酵素の減少は生きている限り必ず起こることですから心当たりがあれば対策/予防のためにも酵素の摂取が必要となるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加